2015.05.21

【ゴルフ】森田理香子の素顔「実は、クールに装っているだけ」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

――強気になり切れない部分があるのでしょうか。

森田 そうですね。もっと自信を持ってやればいいんですけど、自分の性格上、ガツガツ行けない部分があるんで。変えていかなければいけないところなんですけどね。優勝回数が伸びないのは、勝負どころ、”ここぞ”というときにガッといけないところかなって思っています。

――技術面は年々上がっていても、それだけでは勝てないということですか?

森田 そうですね。ゴルフって、難しいですよね。明らかに技術はトップレベルの選手、例えば、永久シードの不動(裕理)さんでも、毎回優勝争いができるわけではないですから。ゴルフって、技術だけじゃなくて、気持ちや、運もあるし……。パーフェクトな技術を披露しても、絶対に勝てる、ということはない。どんなスイングをしようが、ミスショットをしようが、(少ない打数で)カップにボールが入ってしまえば勝ちなので。そういう意味では、(技術面やスイングにおいて)完璧を求め過ぎてもよくないと思うんですけど、私はちょっと完璧主義なところがあるんで(笑)。

 ただ、みんな勝ちたいし、(自分も)勝ちたいからよりいいものを求めてやっているわけで。どうしたら運が向くかなんてわからないので、できることは、やっぱり練習することだけで。練習すれば成績もついてくるって信じ抜くというか、それを心の支えにするというか。

――流した汗はウソをつかない、と。

森田 はい。師匠の岡本(綾子)さんも、ずっと努力してこられたし。やっぱり、ラクして勝てるってことは絶対にないんで。努力して、練習していくことが、自信や強い気持ちにもつながると信じています。