2014.05.07

【ゴルフ】日本に順応。イ・ボミ、賞金女王への「本気度」

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

 日本ツアーにも慣れて、日本の生活にすっかり順応し始めているイ・ボミ。賞金女王獲得への期待はますます高まるばかりだが、彼女は決して浮かれることはない。

「(現在)賞金ランク1位にいることはうれしいですが、ツアーはまだまだ先が長い。今後も、今のゴルフが続けられるように心掛けていくことが大事」

 もちろん、イ・ボミ本人もチャンスがあることは自覚している。

「今年はまだ未勝利ですが、調子はいいですし、ショットも悪くないので、すべてがうまく噛み合えば、近いうちに優勝できると思っています。そして、賞金女王はもちろんのこと、日本ツアーでたくさんの勝利を重ねていきたい。日本で愛される、最高の選手になることが、私の目の前の目標です」

 かつて、韓国では“スマイルキャンディ”という愛称で、絶大な人気を誇っていた。その人気は今なお衰えることなく、韓国のトーナメントに出場することが決まれば、たくさんのギャラリーが会場に詰めかけ、メディアの取材が殺到する。イ・ボミはそんな韓国のファンのためにも戦っている。

「韓国のファンには、日本でがんばっている姿を見てもらいたいですし、そういうみなさんの声援に応えるためにも、いい結果を日本で出したい」

 イ・ボミが続ける。

「また、日本でも多くの方が私のことを応援してくれています。おかげで、すごくプレイしやすいです。そうして支えてくれているみなさんが、日本でも賞金女王になれると言ってくれるので、その期待にも応えていきたい。とにかく、日本はとてもいい環境です。韓国人の先輩たちはよく面倒を見てくれますし、日本のツアーの関係者、選手たちもみんな優しい。そして何より、練習環境が素晴らしい。だから、自分が練習した分だけ、いい結果が出せると感じています」

 ゴルフに対して、常に真摯なイ・ボミ。彼女が言う「いい環境」の中、今年もひたするボールを打ち込み、人一倍練習を重ねてきた。そこで得た手応えを誰よりも感じているのは、彼女自身に違いない。賞金女王獲得へ、まさに機は熟している。

 そんなイ・ボミが、5月8日から(11日まで)は、今季国内メジャー第1弾のワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップに挑む。まずは今季初勝利を日本ツアー3つ目のメジャータイトルで飾るのか。そして、それをきっかけにして、いよいよ賞金女王獲得へ突き進んでいくのか、注目したい。

関連記事