2014.04.03

【ゴルフ】海外メジャー第1弾、日本勢期待は横峯か宮里か

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 横峯、宮里藍とともに注目を集めているのは、有村智恵。宮里同様、今季はパッティングに苦しんでいるが、このメジャー大会では、過去に9位(2010年)、7位タイ(2011年)と、2度のトップ10入りを果たしている。有村自身、練習ラウンドでは満面の笑みを見せ、得意なコースでの躍進が期待される。

「1年ぶりにこのコースに来て、やっぱりすごく好きなコースだと思った。グリーンのイメージも出しやすいし、タッチもすぐに合っていた」

 だが、「今は、メジャーだからと意識を高く持って、戦える状態ではない」と有村は言う。まだまだ本調子には程遠い状態にあるようだ。

 そうした状況にあって、練習日には宮里藍のメンタルコーチを務める『ビジョン54』の、ピア・ニールソンとリオ・マリオットのふたりにコーチングをお願いしたほど。彼女たちとじっくり話をしながら9ホールをプレイしたあと、有村はこう語った。

「いかにシンプルにプレイするか、そんなことを話しました。それで、だいぶ楽になった部分はあります。とにかく今は、試合を重ねていくしかないと思っています」

 瞬時に結果が出ることはないかもしれないが、相性のいいコースで復調のきっかけだけでもつかみたいところだ。

 その他、宮里美香、上原彩子、野村敏京も、精力的に練習ラウンドを消化。待望のメジャー制覇へ、実力者がそろった日本勢の奮闘を期待したい。

関連記事