2013.11.21

【ゴルフ】残り2戦。賞金女王を争う横峯さくらと森田理香子の「胸中」

  • 古屋雅章●文 text by Furuya Masaaki
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

 さて、今季は29週もの間、賞金ランクのトップで居続けた森田。最終局面でその座を奪われた内心は今、どんなものか。森口プロが推察する。

「今の森田さんは、マラソンで言えばゲートをくぐって競技場に戻ってきたあたりで抜かされたようなもの。抜き返せる気力があるかどうか。正直、もっと早く逆転されていたらという感じはある」

 片や、この土壇場でトップに立った横峯の心境はいかなるものか。彼女はこうコメントしている。

「今度は追われる立場になるので、違ったプレッシャーがある。その分、『OKライン(自分に課すハードル)』を上げてしまいがちになる。でも、しっかり自分を見極めて戦っていきたい」

 森田と横峯。カギになるのは、気持ちの余裕がどちらにあるか。これまで培ってきた経験からすれば、横峯に分があるだろう。しかし首位の座を明け渡して、開き直ることができれば、森田にもチャンスはある。残り2戦、その興味深い激闘をじっくりと楽しみたい。

関連記事