2012.09.13

【女子ゴルフ】全英女子だからこそ、W宮里にメジャー制覇のチャンスあり

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 練習ラウンドを終えたばかりのふたりは、難コースに対してそろって悲鳴をあげた。

「いやぁ~、(大変なのは)もう風、風、風です。とにかく、パーをひとつでも多く取れたらいいな、と思うほど。スイング(を意識する)というより、どれだけしっかりコースマネージメントができるか、ですね」(宮里藍)

「すごいコース。パンチショットももちろん必要だけど、(一緒に作戦を練る)キャディーとともに、いかにコースを攻略するかがカギ」(宮里美香)

 しかし、ふたりの宮里の武器は、正確なショートゲーム。それぞれその持ち味を発揮すれば、飛距離が決してアドバンテージとはならないリンクスコースは、むしろ好条件となる。

 実際、宮里藍は過去8回出場した全英女子で、2009年の3位を含めてベスト10フィニッシュ4回と相性がいい。宮里美香も2010年こそ予選落ちしたものの、初出場の2009年が11位。昨年も14位と奮闘。それからの成長と今の調子を考えれば、さらなる躍進は必至である。

 まさに全英女子こそ、日本勢にとってはメジャー制覇への最大のチャンスかもしれない。


第36回全英リコー女子オープン

テレビ朝日系列地上波独占放送
第1日:9月13日(木) 24時15分~27時40分(一部地域を除く)
第2日:9月14日(金) 24時15分~27時35分(一部地域を除く)
第3日:9月15日(土) 23時12分~26時15分(一部地域を除く/延長対応あり)
最終日:9月16日(日) 23時15分~25時15分(延長対応あり)

関連記事