2012.08.05

【ゴルフ】韓国人プロゴルファーの95%が採用する「グリップ」とは?

  • 慎 武宏●取材・構成 text by Shin Mukoeng
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

 グリップには、一般的に3つの握り方があります。オーバーラッピング・グリップ、インターロッキング・グリップ、そしてベースボール・グリップです。

 ベースボール・グリップは、両手でしっかり握れる長所がありますが、両手首の一体感が落ちるので、成人したゴルファーはほとんど使いません。
両手首の一体感が乏しいベースボール・グリップでは、安定したスイングを実現するのは難しい。両手首の一体感が乏しいベースボール・グリップでは、安定したスイングを実現するのは難しい。
 次に、インターロッキング・グリップは、左手人差し指と右手の小指を絡めて握ります。両手の密着度があり、両手首の一体感もあります。クラブを強固に握れるので安定感もありますが、手首の柔軟性がやや落ち、ボールにしっかり力を伝達しにくい面があります。
インターロッキング・グリップはクラブをきちんと握ることができ、両手首の一体感も生まれるが、ボールに力が伝わりにくい。インターロッキング・グリップはクラブをきちんと握ることができ、両手首の一体感も生まれるが、ボールに力が伝わりにくい。