2021.05.30

CL決勝に見た「スターより駒」。欧州サッカーの新潮流は面白いのか

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by AFLO

 要はバランスなのだけれど、スターもいれば兵隊もいた、かつてのサッカーを懐かしむわけではないが、今回の決勝には、どこか行きすぎているような印象を受けた。無機質で機械的。ラテン色、マリーシアに欠けた。

 メッシ、ロナウドの時代が終わりを告げたいま、欧州サッカー界は新たな道を探ろうとしている。今回のチェルシーのサッカーが、もし世界の最先端を行くスタイルだとすれば、ちょっと心配だ。

 そこに、「守備的サッカー対攻撃的サッカー」とは、また異なる対立軸を見た気がする。選手が一種の駒のように、必要以上に地味に映るこの手のサッカーが興隆してはマズいと、他のチームが巻き返しを図るのか。例えばスペイン勢がその一翼を担うのか。

 新たな局面を迎えているかに見える欧州サッカーから、目を離すことはできない。

関連記事