2021.05.19

ネイマール以降、ブラジルから真のスター選手が生まれないのはなぜか

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

◆ネイマールを丸裸にする。市場価値ナンバー1の知られざる素顔

 ガブリエル・ジェズスがいるじゃないか。そう言う人がいるかもしれないが、残念ながら24歳のマンチェスター・シティのFWは、チームの絶対的アイドルではない。シティのスターはケビン・デ・ブライネだ。ジェズスはベンチを温めることもたびたびあり、優秀ではあるが、このままでは本当のスター選手になることはないだろう。

 アヤックスのダビド・ネレスはどうだ。確かにポテンシャルはある。いいプレーをし、ゴールも多く決め、スピードもある。しかし、ずっと若きスター候補と言われ続けているままだ。

 レアル・マドリードのヴィニシウス・ジュニオール。スピーディーなストライカーで、人を驚かすようなすばらしい動きを見せる。しかし彼もまた不十分だ。ブラジルを代表する選手のリストに入るには、もっと努力する必要がある。そして20歳のロドリゴは"ブラジルの未来"と言われているが、レアルではベンチにさえ入らないこともしばしばだ。

 リバプールのロベルト・フィルミーノ、トッテナム・ホットスパーのルーカス・モウラ、エバートンのリシャルリソン、マンチェスター・シティのフェルナンジーニョ、リヨンのルーカス・パケタ、パリ・サンジェルマンのキャプテン、マルキーニョス、ユベントスのダニーロ、バルサのフィリペ・コウチーニョ、レアルのカゼミーロ......。

 もしくはそれよりも一世代前にスター候補とされていたドゥグラズ・コスタ(バイエルン)、マルセロ(レアル・マドリード)、ウィリアン(アーセナル)......。彼らにもずっと期待をかけてきたが、気がつけばもう30歳を超えてきている。

 そのうちの誰が我々を夢見させてくれたろう。プレーを見るだけでワクワクさせてくれたろう。冒頭にあげた選手たちとは比べ物にならない、誰ひとりとして――

 我々はブラジルサッカーの歴史の中でも、大きな低迷期にある。ワインで言えば、何年も当たり年がないという状態だ。それは多くの条件が重なりあって生まれた現象だと私は考える。