2021.04.17

伊東純也はスピードを使わなくても好プレー。位置取りとパスの質でアシスト

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

◆伊東純也は「マジシャン」。28歳、ベルギー3年目でキャリア最高の時>>

Answer
手前で受けて相手を釣り出し、ワンツーで崩した

 相手のクリアボールを拾ったヘイネンが持ち上がった時、右横にいた伊東はスピードを上げず、やや右に開きながらポジションを取ったことがポイントになった。

足元でボールを受けた伊東は、相手を引きつけてからリターンパス。ヘイネンのゴールをアシストした足元でボールを受けた伊東は、相手を引きつけてからリターンパス。ヘイネンのゴールをアシストした  その伊東にヘイネンがボールを預けたことによって、チェックに行った相手センターバックのジョナタン・ブアトゥが釣り出された。

 シント=トロイデンはクリアのあとでDFラインが崩れ、ブアトゥの背後にスペースが生まれている。ジョルジュ・テイシェイラがブアトゥのカバーに入れる位置にいたが、背後に走り込んでいるポール・オヌアチュをケアするために、ポジションを下げてしまった。

 そこを見逃さなかった伊東は、ブアトゥを十分に引きつけてからヘイデンへリターン。そしてギャップへ抜け出したヘイデンが、ゴールニア上を豪快に撃ち抜いた。

 伊東の巧みなポジショニングによって、ゲンクが見事に中央を崩した得点だった。

◆【動画】ベルギーリーグ ゲンクvsシント=トロイデンハイライト
(伊東のアシストシーンは、1分54秒〜2分27秒)

関連記事