2021.03.05

ジョアン・フェリックスが「絶対的なスター」になるための条件は何か?

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

◆毎週1000キロを母が送り迎え。ジョアン・フェリックスの少年時代>>

 だが、徹底したプロフェッショナリズムと氷のような冷静さで、ノーエラー主義の高性能マシンのような選手になるのは、おそらくジョアン・フェリックスのゴールではないと思う。そうなれるだけのスキルは持っているが、チームに役立つ技術を超えたものを人々は期待しているのではないだろうか。

「違い」をつくる選手は、その瞬間にはチームから離れている。戦術からも自由だ。自分独自の感覚と判断でプレーするから、相手には想定外であり決定的な場面につながるのだが、その瞬間にはチームの法から離れたアウトローになるのだ。

 チームを機能させるためのコマではなく、チームを個人で勝たせる。チームのルールには従うが、ある瞬間には自分のルールにのみ従うプレーヤーになる。その時初めてチームにとって役に立つ選手を超えて、別格の存在になる。誰にも代えがきかない唯一で「絶対的なスター」だ。

 現状のジョアン・フェリックスは、高性能マシンでも絶対的スターでもないが、どちらにもなれる能力は持っていると思う。シメオネ監督の言うように、たぶん「時間」が解決してくれるのだろう。

 的確なスキルを磨きつつ、「違い」をつくる別格の存在になること。シメオネ監督が期待しているのはそれで、そのための強さを身に着けてほしいと願っているのではないか。

関連記事