2021.03.03

海外サッカーの「親子プロ」。マルディーニ家は祖父・父・息子の三代

  • 津金壱郎●文 text by Tsugane Ichiro
  • photo by AFLO

 ほかにも、親子二代でプロになった選手を挙げればキリがない。

 カリアリでプレーするFWジョバンニ・シメオネ(25歳/父=元アルゼンチン代表MFディエゴ・シメオネ50歳)、ボルシアMGの一員として今季のCLを戦うFWマルクス・テュラム(23歳/父=元フランス代表DFリリアン・テュラム49歳)、スコットランドのレンジャースに所属するMFヤニス・ハジ(22歳/父=元ルーマニア代表MFゲオルゲ・ハジ56歳)......。

 海外では、スター選手の息子が代表クラスまで上り詰めたケースは数多ある。日本でも同じような状況になる日を楽しみに待ちたい。

関連記事