2021.02.15

新体制のチェルシーが好調。トゥヘルの手腕で不振FWが生き返った

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

◆欧州CLラウンド16展望。ベスト8に勝ち進むのはどこか?>>

Answer
チルウェルに預けて幅を取り、ヴェルナーが裏へ抜け出した

 トゥヘル監督になってから、2シャドーの左で起用されるようになったヴェルナー。相手の中間ポジションで中盤の組み立てに参加しながら、裏への飛び出しで自身の強みを生かそうとしている。この得点もまさにそんなシーンだ。

左に展開して相手を引きつけてから、裏のスペースをヴェルナーが突いた左に展開して相手を引きつけてから、裏のスペースをヴェルナーが突いた  前線から下りたヴェルナーがコバチッチのパスを受けた時、シェフィールド・Uの5バックのひとり、クリス・バジャムが守備ラインを離れて飛び出してきた。チェルシーにとって、ここが起点となった。

 ヴェルナーが1タッチでボールをコバチッチに返すと、今度は左タッチラインに張ったチルウェルへ展開。こうして攻撃の幅を取ると、今度はシェフィールド・Uのジェイデン・ボーグルが釣り出され、左サイドはガラ空きになった。この瞬間にヴェルナーは、縦方向へ一気にスピードアップ。

 チルウェルが斜めのパスを流すと、スピードでバジャムを振り切ったヴェルナーが、裏に抜け出した。サイドを深くえぐると、プルバックのパス。走り込んだメイソン・マウントが、ダイレクトシュートでフィニッシュを決めた。

 シェフィールド・Uが守備ラインを高くセットしていたこともプラスに働いて、チェルシーはヴェルナーのポジショニングを起点に縦と横に揺さぶり、5バックの堅い守備を見事にこじ開けた。2シャドーという新たなポジションをきっかけに、今度はヴェルナー自身の得点に期待したい。

関連記事