2020.12.09

メッシ茫然。CL大敗にリーガ勝率5割の屈辱。バルサの伝統はどこへ?

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AP/AFLO

 格下相手なら、ゴールラッシュで勝てるだろう。しかし、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリードという強豪には敗れ、セビージャ、ヘタフェ、アラベスなどの伏兵にも勝ち点を落としている。ついには昇格組のカディスにも敗れ、リーガは4勝2分け4敗と9位だ。

 これまでCLでは相手がバルサの名前におびえ、自滅していった感がある。しかしユベントス戦で真実の姿を露呈。もし観客の入ったカンプノウの試合だったら、「さらば」という意思表示の白いハンカチが振られていただろう。

 クーマンはそのリーダーシップによって、嵐で難破しそうな船をどうにか沈めないでいる。しかし、行き着く先に光が見えない。バルサの伝統を捨て、どこに向かうのか。たとえ勝っても平凡なチームとなって、アイデンティティを失うことになる。それは「攻撃している限り失点しない」という理念を掲げたバルサの祖、ヨハン・クライフへの裏切りだ。

関連記事