2020.11.23

ソン・フンミンの駆け引きがエグい。決定力を高めるゴール前の動き

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

◆育ってきた環境が違うからなのか。ソン・フンミンは徹底的に個で勝負>>

Answer
相手が動いた瞬間に、空いたニアサイドに飛び込んだ

 ソンが、ストライカーとしての駆け引きを発揮したシーンである。右サイドのオーリエへサイドチェンジのパスが送られ、局面が左サイドから右サイドへ大きく動いた。

ソン・フンミンは横の動きから縦へスピードアップ。ニアサイドでフリーになり、シュートを決めたソン・フンミンは横の動きから縦へスピードアップ。ニアサイドでフリーになり、シュートを決めた  ボールの動きにマンチェスター・Uの守備陣も右サイドにスライドするなかで、ソンも左サイドから中央のバイタルエリアに流れてきていた。この時、オーリエにボールが渡る前のソンの駆け引きがポイントになった。

 オーリエがボールに追いつこうという時、ソンはバイタルエリアを横切ってエリアの手前で受けるように動いた。それを見たのがマンチェスター・Uのルーク・ショーだ。ショーは顔を振って後方を確認すると、ソンが走ってきているのが見え、さらに前のケインがフリーとなっているのも見えた。

 その状況でショーはニアエリアを離れて、ソンへのパスコースを切りながらケインにパスが出ても対応できるように動いた。

 その瞬間、横に動いていたソンは縦にスピードアップ。ショーが空けたニアサイドのスペースに走り込むと、ボールに追いついたオーリエへパスを要求した。オーリエからの鋭いグラウンダーのパスを、ソンはワンタッチでシュートし、GKダビド・デ・ヘアの股間を抜いてゴールへ流し込んだ。

 ここまでのゴール量産も納得できる、巧みな駆け引きからの繊細なフィニッシュだった。

【動画】ソン・フンミンのプレー集
(マンチェスター・ユナイテッド戦のゴールは、1分4秒~32秒)

関連記事