2020.11.17

ベンゲルの選手発掘術。選手が偉大になるかどうかがわかる年齢とは?

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper
  • 森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

「残り13分になっても、われわれはリードしていた。そこでセンターバックを3人にして逃げ切ろうとする選択もあったかもしれない。でもそれはフェアではないし、つまらない気がした。私は5-0、7-0で勝った日でも、家に帰れば『今日の失敗は何だったのか』と考えてしまう。チャンピオンズリーグの決勝で、1-2で負けたら、家に帰って『ほかに方法はなかったのか』と考えるに決まっているじゃないか」

 彼はこの試合のビデオを見たことがないという。

 翌2007年、僕はアテネのスタジアムでミランとリバプールのチャンピオンズリーグ決勝を見たのだが、ちょうど後ろの席にベンゲルがいた。ミランの選手たちが優勝メダルを受け取るのを見ながら、ベンゲルは顔をしかめ、手のひらをぽんと拳で叩いて言った。

「わかっただろう? チャンピオンズリーグで勝つには、ごく普通のチームでいいんだ」

 数学の学位を持つ彼は、一発勝負の大会では運が大きくものをいうことを知っていた。ベンゲルはその運に恵まれず、究極の栄冠を勝ち得ることはなかった。

関連記事