2020.10.22

久保建英の先発がいつになるかを
指揮官の采配と傾向から分析する

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 率直に言って、久保は得意とする条件で戦っていない。しかし、FC東京もマジョルカも、専守防衛タイプのチームだったが、その存在感を高らかに示してきた。要求される守備の最低条件をクリアすることで、攻撃面のアドバンテージが明らかになって、道は開けるはずだ。

 ひとつ危惧する点があるとすれば、「久保を使え」と求められ続けられるエメリが、意固地になることだろう。日本人だけでなく、現地記者の間でも久保の支持者は少なくない。いまのところエメリは「使わない理由」を丁寧に説明しているが、監督は決断を否定されることを著しく嫌うものである。現時点ではチームとして結果も残しているだけに、「使え」と言われるたびに、強情になることも......。

 10月22日、ビジャレアルはヨーロッパリーグ開幕戦を、トルコのシバススポルを本拠地に迎えて戦う。

関連記事