2020.06.07

田中亜土夢が語るフィンランド
現地情報「サウナのことも伝えたい」

  • 了戒美子●photo by Ryokai Yoshiko

 ヘルシンキは性に合っていた。

「日本にいると気になるようなことが、言葉がわからないからというのもあって、あまり気にならないんですよね。フィンランド人は真面目で少し内弁慶で、でも打ち解けると優しい。日本人に少し似ているんですよね。そういうところもよかったと思う」

 チームでは主にトップ下でプレー。ヘルシンキはフィンランドリーグの強豪で、つなぐタイプのサッカーを志向していた。ただ、田中に求められたのは結果だった。

「助っ人として結果を求められるというのも、なんだかよかったんです」

 1シーズン目の2015年は31試合8ゴール、2シーズン目は17試合5ゴール、3シーズン目は33試合で7ゴールを決めた。この3年の間に日本人の水墨画家と出会ったことから、自身も描くようになり、個展を行なうほどになった。

 HJKヘルシンキを退団後、2018年、2019年はセレッソ大阪でプレーした。だが、この2シーズンの感触は、決していいものとは言えなかった。

「日本に戻ったら、フィンランドに行く前の、いろいろと気にする自分が戻ってきてしまったんです。それでなんかうまくいかなくて、1シーズン目なんてほとんど試合出ていない(先発出場1試合、途中出場5試合)ですからね」

 今回のコロナ禍で思うことがあった。