2020.06.05

バルサが補強活動に積極的。ネイマールは断念、有力候補が2名いる

  • 高橋智行●文 text by Takahashi Tomoyuki
  • photo by Getty Images

 2023年6月末までインテルとの契約が残る、ラウタロの今季の公式戦成績は31試合16得点。身長174cmと小柄だが、ヘディングでのゴールや、守備でのハードワークに定評があり、インテルのアントニオ・コンテ監督の信頼が厚い。

 バルサは、昨夏グリーズマンを獲得した時と同じように、ラウタロ本人にはすでに好条件(5年契約、年俸1200万ユーロ/約14億4400万円)を提示し、説得済みであるとのこと。また、少年時代アイドルと崇めていたメッシと電話で話したのも、バルサ移籍を決断する決め手のひとつになったようだ。

 そのため、バルサに残された仕事はクラブ間合意のみ。1億1100万ユーロ(約133億2000万円)という高額な契約解除金の値を下げるため、現在、6000万ユーロ(約72億円)+2選手の譲渡という条件を出しているとのこと。しかしインテルは最低8000万ユーロ(約96億円)を求めているため、今後さらなる話し合いが必要になっている。

 バルサはさらに中盤の補強を目指しており、クラブのコーチ陣が好むユベントスのMFミラレム・ピャニッチ本人と4年契約で合意済みと報じられている。ユベントスで今季、公式戦32試合に出場し3得点2アシスト を記録しているピャニッチについて、クラブは「すでにベテランの域に入っているものの、ゲームを動かす能力、絶妙なタッチ、高性能のFKを備え、メッシの要望に応えられる選手」と見ている。