2020.06.03

天野純がベルギーで衝撃を受けた
常識の違い。「こんなに怒られるの?」

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO


---- 昨年11月下旬にスタイン・フレーフェン監督になってから、チームは変わりましたか?

天野 だいぶ変わりました。彼になってから戦術の決め事が多くなった。攻め方にしても守り方にしても整理されたので、チームが大崩れしなくなりました。僕自身も新しい監督になってから、ゴールへの意識が変わりました。

---- ただ、今年1月ごろからロケレンの資金難が報道され始め、2月になると給料を受け取れない選手たちが練習をボイコットしました。ものすごく緊迫した雰囲気だったのでは?

天野 かなり深刻な状況でした。「次の試合までに給料が払われなかったら試合をボイコットする」と言う選手もいて......。でも、結局は『ロケレンを応援してくれているサポーターのため、ロケレンというチームのため。そして自分のアピールのために試合をするぞ』ということになったんです。

---- 試合前の報道では、「これがロケレン最後の試合になるかもしれない」と言われていました。

天野 ファンも「これで最後になるかも......」という思いがあったでしょう。アウェーゲームだったんですが、ファンがたくさん来てくれました。あの時のロケレンは、チームとして強かったです。