2020.05.12

ブンデスリーガは試合前に全選手検査。
スタジアムに入れるのは何人?

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Reuters/AFLO

 長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは16日、ホームでボルシアMGと対戦する。

 フランクフルトはすでに3月、ヨーロッパリーグのバーゼル戦で無観客試合を経験している。また、2月にはリーグ戦のウニオン・ベルリン戦でファンが応援をボイコット。ホームのゴール裏だけが無観客という状態になった。このときのウニオン戦について、鎌田は「やっている選手たちも何かが違うと思うし、何かが変わるなと思いますね。ウニオン戦に関しては、試合前から雰囲気もフワッとしていて、難しい試合になるだろうという感じがあった。やっぱりファンの大切さはすごく感じます」と語っていた。

 無観客であることが試合や選手たちにどのような影響を与えるのか。その意味でも手探りの再開となる。

 スタジアムに入れないのは観客だけではない。DFLは、スタジアムに滞在する人数を最大で322人とするなどのガイドラインも発表した。それによれば、たとえば15時30分開始の試合の場合、朝8時の時点で入れるのは84人。時間とともにスタジアムに入れる人数は増え、試合開始の時点で最大322人となり、試合終了90分後の19時には188人以下にするとされている。