2020.05.08

東京五輪世代の「背番号10番」。
スペインの新鋭は筋骨隆々ファンタジスタ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 リオネル・メッシも、0トップの"有段者"のひとりだろう。走行距離は極端に少ないが、ピッチのどこにいても適応できる。右サイドをスタートポジションに、中盤に落ちてゲームをつくる形が多いが、自分に人を集め、左サイドを一気に破るパスは絶品で、ジョルディ・アルバとのコンビネーションは出色。何より、シーズン50得点は問答無用である。

 フランス代表のアントワーヌ・グリーズマンも、前線でドリブル、パス、シュートとあらゆる点でクオリティの高さを見せる。しかも彼は走力に長け、守備のスイッチも入れられる。戦術適応力の高さで独自のポジションを作っている。

 東京五輪世代で、「背番号10」を革新させる選手とは――。

 スペインU-23代表の0トップとしてプレーするのが、ミケル・オジャルサバル(22歳、レアル・ソシエダ)だ。

 オジャルサバルは、得点力とプレーメイクセンスの両方を兼ね備える。左利きでテクニカルなプレーは持ち味のひとつだが、ファンタジスタにありがちな脆さはない。筋骨隆々で下半身の重心が安定し、コンタクトプレーの中でも技術を出せる。