2020.04.21

「東欧のマラドーナ」は技の宝庫。
ハジの芸術的パスと伝説のゴール

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

 試合は予想どおりコロンビアが圧倒的にボールをキープする。しっかり守ってカウンターを狙いたいルーマニアは前半16分、相手のパスをカットすると、センターサークル付近にいたハジが、トラップするとみせかけ反転して相手をかわしてドリブル。最後はフロリン・ラドチョウにスルーパスを出し先制する。

 さらに前半35分、左サイドライン付近でハジがパスを受ける。誰もがゴール前へのクロスか味方へのパスを予想したが、GKが前に出ていると見ると、そこから得意の左足でシュートを狙った。ボールは右サイドネットに突き刺さった。今も"伝説のゴール"としてファンの目に焼き付いているシーンだ。

 そして試合終了間際の後半44分には、フリーキックでの素早いリスタートからラドチョウの2点目をアシスト。ハジの1得点2アシストの活躍でコロンビアを3-1で破った。

 2戦目のスイス戦は退場者を出したこともあり1-4で大敗するが、決勝トーナメント進出がかかった3戦目のアメリカ戦は完全アウェーのなか1-0で逃げ切り、グループリーグを1位で突破した。