2020.03.29

フィルミーノは「偽9番」以上の働き。
リバプールのエンジンはここが凄い

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

 シティのように確実にショートパスで押し込んでいくのではなく、ロングパスをカットされても構わない。そこでハイプレスを仕掛けて奪い返し、2次攻撃をかけるのが目的だからだ。相手は奪ったボールを直後に奪い返されると、守備には綻びができている。攻撃のポジショニングと守備では動きが逆になるからだが、その守備側の弱点を誘発するのがリバプール戦法の核になっている。

 クロップの戦法は、例えばシティが手間をかけて15本のパスを紡いでいくところを、1本のロングパスで代用している。手間を省いているわけだが、その分押し上げていくMF、DFの体力は必要だ。そして、失ったボールをすかさず執拗に追う、攻守の切れ目のないFWの姿勢が必須である。

 フィルミーノはその点でリバプールのインテンシティの高い戦法の象徴であり、チームの「エンジン」といえる。

<偽9番の系譜>

 2017-18シーズン以来、フィルミーノはクロップ監督のファーストチョイスの「9番」になっている。戦術的には「偽9番」だ。センターフォワード(CF)の位置から中盤に引いて、ゲームをつくりながら得点に絡んでいく。