2020.03.23

バルサとロナウジーニョの眩しい記憶。
置き土産はメッシだった

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

 そして2003-04シーズン、バルサは開幕以来、不振が続いていた。後半に折り返す18節終了段階で12位。ロナウジーニョもわずか4得点で、期待を裏切っていた。

 ライカールト監督は後半戦に向け、ひとつだけ手を打った。プレーに強度を加えられるエドガー・ダービッツを補強したのだ。これで負担が減った攻撃選手たちは、自然と力が増した。結果、ロナウジーニョは10得点を記録し、チームを2位に導いている。レアル・マドリードとの敵地でのクラシコでも1-2と勝利。彼の株も上がった。

 そして2年目、ロナウジーニョは本領を発揮している。ベレッチ、エジミウソン、シルビーニョ、デコなど、ブラジル人選手を多く補強したことも追い風になったか。ピッチでサンバを響かせた。

「僕のサッカーの特徴は、リズミカルな動きでドリブルをすることだと説明される。でもね、自分自身でもどういうプレーをするのか、はっきりとは決まっていない。その時の感覚に委ねているんだ」

 ロナウジーニョは高い声で説明した。音楽に合わせて即興で体を動かすように、ボールを操ることができた。