2020.03.14

南野拓実はミスを犯したGKのもとへ。
仲間への気遣いに心が洗われた

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO


 それでも勝ち切れなかった理由は、(1)押せ押せだった後半に追加点を奪えなかったこと、(2)A・マドリードのスロベニア代表GKヤン・オブラクがスーパーセーブを連発したこと、(3)延長前半にリバプールのGKアドリアンが失点直結のキックミスを犯したこと、(4)A・マドリードのしぶとい守備戦術が機能して最後まで集中力も切れなかったこと、にあったように思う。

 リバプールにとっては控えGKのアドリアンのミスが痛かったが、試合全体で考えるとA・マドリードの奮闘が光った試合であった。

 さて、この試合で南野拓実に出番の声がかかったのは、2−2(2試合合計スコアは2−3)で迎えた延長後半8分だった。延長突入後の4人目の交代選手として、FWロベルト・フィルミーノと入れ替えでピッチに入った。投入時、南野は「ゴールを獲ることだけ」を考えていたという。

 勝ち抜けには得点が必要なリバプールは、前線に人を並べて総攻撃に打って出た。CBのフィルジル・ファン・ダイクもCFの位置に入り、リバプールは6トップのように見える場面もあった。対するA・マドリードはCFのアルバロ・モラタも自陣深い場所まで戻り、「全員守備」で逃げ切りを図った。