2020.02.27

南野拓実がクロップ監督からの
信頼の言葉に感謝「本当にうれしかった」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO


 彼らの声援に押されるように、後半23分には相手GKの捕球ミスというラッキーな形で同点。さらに後半36分には、FWサディオ・マネが決勝ゴールを叩き込んだ。

 最後はCBジョエル・マティップの投入(後半45+1分)で高さを注入し、4−3−3の形を維持したまま試合終了のホイッスルを聞いた。一時は「今季リーグ初黒星か」と思ったが、3−2の逆転勝ちで勝ち点3ポイントを掴んだ。

 そして、アトレティコ・マドリードとのCL決勝トーナメント1回戦・第1レグ(2月18日)から公式戦2試合連続でベンチスタートとなった南野拓実に、最後まで出番は訪れなかった。

 結果、公式戦4試合で出場機会がない。南野がピッチに立ったのは、3週間以上前のサウサンプトン戦(2月1日)が最後だ。年末年始に故障した選手たちが代わる代わる復帰してきた今、日本代表MFは我慢の時が続いている。

 それでも、クラブの期待感は変わっていない。ウェストハム戦で販売されたマッチプログラムでは、南野のインタビューが4ページにわたって掲載された。25歳のアタッカーは、リバプールでの課題やイングランドのサッカースタイル、自身のプレー位置などについて、次のように語った。