2020.02.01

吉田麻也が南野拓実にエール
「こういう時が一番、選手として伸びる」

  • 田嶋コウスケ●取材 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO


 それは単純に足の速さということではなく、『状況判断のスピード』や『ボールスピード』、『プレスのスピード』のことです。南野本人が一番わかっていると思います。ただ、日々練習していくなかで、どんどん、どんどん向上していくはず。だから毎日、必死だと思いますよ。こういう時が一番、選手として伸びますから」

 リバプールの最大の強みが、吉田の指摘する「スピード」だ。目が回るほど素早くパスを回し、チャンスと見れば縦に速いアタックで敵陣へと襲いかかる。

 パススピード自体も速く、ボールを奪われた瞬間から即時奪回を目指すゲーゲンプレスの強度も高い。しかも、ピッチ上にいる選手たちが瞬時に状況を判断し、すぐに行動に移す。とくに「フルスロットル」でプレーしている時のリバプールはこの傾向が顕著で、「判断&実行」を超高速で連続して行なう。

 こうしたリバプールの動きに、南野はまだ完全に適応できていない。レギュラーメンバーと初めて一緒のピッチに立ったウルバーハンプトン戦では、南野にボールが入るとプレーのテンポが落ちてしまった。南野はボールを受けて一度考え、そこから次の動きを決めているようだった。