2020.01.25

南野拓実には覚悟がある。
「ピッチに立たないと見えない景色がある」

  • 田嶋コウスケ●取材 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO


 そんななかでも、プレミアリーグで第一歩を踏み出したことが、南野にとって何よりも重要だろう。加入したばかりで難しさを抱えるのは当然のこと。まず一歩を踏み出さないことにはゴールもないからだ。南野も力を込める。

「やっぱり試合に出て、初めて評価されるべきだと思う。カップ戦は出ましたけど、今日初めて(リーグ戦で)試合に出て、評価されるところに立ったのかなと。

 そういう意味でも、ここからだと思う。やっぱりピッチに立ってプレーしないと見えない景色もあるし、わからないこともある。今日はいきなりでしたけど、こういうギリギリの試合を経験できたのはよかった。

(記者:すでに完成されているチームに入ることへの難しさは?) それはもうしょうがないので。それを覚悟で来ているというか。そのなかで揉まれながら生き残っていくしかない。

 やっと、その舞台に立つことができた。『ここからだな』という気持ちですね。ピッチの上で何かを示して、初めて『コイツやるな』と認められたいし、今までもそうしてきた。そういうふうに認めさせたい」

 リーグ戦3戦目で、南野はプレミアリーグデビューを飾った。「個人的なパフォーマンスには別に満足していない」と反省の言葉を口にしながらも、スタートラインに立ったことで、その表情には少なからず安堵感が見て取れた。

 もちろん、勝負はここから。「期待してくれる人たちのためにも、しっかり結果で応えられるようにしたい」と、南野は語気を強めていた。

関連記事