2019.12.11

165cmと172cm。70年代にバロンドールを
受賞した「小さな巨人」が2人いた

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

 ただ、ブランコ・セベシュ監督の過酷な練習に対して、「これでは30歳になる前に燃え尽きてしまう」と訴えていた。ハードワークを厭わないキーガンがそう言うのだから相当きつかったのだろう。「皆、同じトレーニングをしている」と言うセベシュ監督に対して、「試合で走る量は皆が同じではない」と反論。スカンソープの時代からキーガンはサッカーに関しては理論家で、現役時代に同じレベルの話ができたのはイングランド代表のトレバー・ブルッキングぐらいだったそうだ。ハンブルクとの契約が満了すると、サウサンプトンへ移籍し、最後はニューカッスルで引退している。

 バロンドール2回のスーパースターが当時2部のニューカッスルへ来たのは驚きだったが、実は子どものころからファンだった。父親も大のニューカッスルファンで、キーガンの幼少期からニューカッスルの物語を聞かせていた。リバプールも相思相愛だったが、ニューカッスルでの歓迎ぶりはすさまじく、キーガンもプレーで応えた。最初の試合で得点すると、サポーターのいるスタンドへ飛び込んでいった。

 芝生が吹き飛ぶほどのスタートダッシュ、常に全力プレーのキーガンは、明るいキャラクターでファンを魅了し続けた小さなレジェンドである。

関連記事