2019.11.27

森岡亮太「本当に完璧でした」。
遊び心あるプレーでファンを魅了

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO



 レザエイとマッシモ・ブルーノの2トップ、アリ・ゴリザデとママドゥ・ファルのサイドハーフに、森岡が絡んで一気呵成に攻め込む。そのシャルルロワの攻撃は、「ベルギーリーグでナンバーワンのカウンター」(シント・トロイデン戦の解説者ハイン・ファンハーゼブルック)と評されるほどだ。

 また、チーム全体の守備意識も高く、第16節(シャルルロワの消化試合は15)を終えた時点で16失点。この数字は首位クラブ・ブルージュ(6失点)に次ぐリーグ2位タイだ。皮肉なことに、カウンターサッカーからの脱皮を図っているにもかかわらず、結局はカウンターの強みを生かすことによってバランスがよくなり、現在5位という好順位につけている。

「シャルルロワはプレーオフ1(※)の最有力候補だ」(シント・トロイデン戦の解説者ヘールト・デ・フリーハー)

※プレーオフ1=レギュラーシーズン終了後に上位6チームで優勝、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグの出場権を争う。

 今季の森岡は第11節を終えたところで6ゴールを記録し、一時は得点王争いの2位につけていた。しかしここ5試合、森岡はゴールから遠ざかっており、シント・トロイデン戦でも相手DFの股下を狙ったシュートは左ポストに嫌われてしまった。

「10番でプレーしていたときは(シュート)チャンスがありましたが、ここ3試合はボランチに下がり、今は完全にディフェンス寄りのポジションなので(ゴールがないのは)しょうがないと思います。今日みたいにチャンスがあってもミドルシュートぐらいですね」

 森岡の守備のタスクは、以前より増えている。シント・トロイデン戦では相手の流動的な中盤に対応しつつ、2トップの位置から下がってくるFWにも対処しないといけない。

 森岡の守備を起点としたショートカウンターもいくつかあった。だが、「そういうシーンもちょいちょいありますけど、ボランチとしての経験値がないので……。でも、その割に守備はできているかなと思います」と、守備面ではまだ試行錯誤のようだ。