2019.11.19

安部裕葵、スペイン初ゴール。
バルサの昇格サバイバルで必要なこと

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Quality Sport Images/AFLO

 後半には、ブラジルで行なわれていたU-17ワールドカップにも出場したギニア出身で16歳のイライス・モリバが入るなど、次世代がすでに育っている。非情な競争が、そこにはある。ちなみに相手のコルネジャには、クリスティアン・ロバトというアタッカーがいたが、彼は2013年までバルサBの主力として活躍していた選手なのだ。

 時間的猶予はない。すでに20歳の安部は日々、スペインで生き残るためのふるいにかけられている。

 11月23日、現在5位のバルサBは、2位のジェイダと敵地で戦う。






関連記事