2019.11.06

バルサ、レアルがもたつき空前の
大混戦に。戦国リーガの下剋上候補

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Getty Images

 そして、チームを操るのはサンティ・カソルラだ。スペイン代表で数々の栄光に浴してきた天才的MFで、34歳の現在もその技は衰えていない。アーセナルではケガに見舞われ、リハビリに多くの時間を費やしたが、不屈の姿勢で挑み、見事に復活を遂げた。

 現在は8位(首位と勝ち点4差)のビジャレアルだが、チャンピオンズリーグ出場は射程圏内だ。

 彼らはバルセロナ、レアル・マドリードの牙城を崩せるのか。

「2強の実力は違う次元にあるよ」

 かつてレアル・マドリードでプレーし、現在はグラナダに所属する34歳のロベルト・ソルダードは語る。それは現実的な見方だろう。単純に予算を比較すれは20倍近い差があるのだ。

 しかし、そのビッグ2は盤石ではない。群雄割拠のシーズンとなりそうだ。

関連記事