2019.10.22

欧州サッカー通3人が指摘。
レアル&バルサが今季も苦戦必至の理由

  • photo by Getty Images

中山 今季のバルサでいえば、最大の注目はメッシとスアレスに新戦力のグリーズマンが加わったことで、新しいトリデンテが形成されたことだと思います。これを小澤さんが指摘する部分に照らすと、3人のなかでグリーズマンだけは守備面でも貢献できるタイプだと思います。でも、2人が守備を疎かにする分、グリーズマンが余計に守備を強いられるのだとすれば、大金をかけて補強した意味もなくなってしまいます。この問題をどのように解決するのか。バルベルデ監督にとっては頭の痛い話だと思います。

倉敷 「グリーズマンの適正なポジション」はスペインのメディアもよく話題にしていますが、どこがもっとも適正だと考えますか?

小澤 どこでもできると思いますが、現状では左ウイング、守備では左サイドハーフでしょう。それより現在は、まだメッシに本当の意味で受け入れられてない印象があります。

倉敷 なるほど。バルサにおいては、そこが大事ですね。

中山 そうそう、昨季の新戦力マウコムがそうでした。最初は自分のゴールよりも明らかにメッシのアシストをするためのプレー選択をしていましたから(笑)。バルサに加入したら、まずはメッシに気に入られることが大事な一歩です。

小澤 今のメッシは、グリーズマンよりアンス・ファティのほうが気に入っています。裏事情でいうと、メッシの兄がアンス・ファティの代理人的役割を務めているので、家族ぐるみの付き合いになっているようです。

倉敷 グリーズマンはなにか作戦をたてないと(笑)。まあ参考にすべきはスアレスが心を通わせるべくメッシに気を使ったプレーを続けながら、実は右脚はメッシよりうまいと思わせたアプローチですかね。

中山 このままでいくと、グリーズマンはゴールゲッターではなく守備に併走する労働者タイプのアタッカーになってしまいそうですね。フランス代表にとっても大きな損失になりそうです。

倉敷 では今季のバルサを見ていて好材料となっている要素を上げて下さい。

小澤 ひとつは、新加入のフレンキー・デ・ヨングがフィットしていることだと思います。