2019.10.16

若手とベイルを宝の持ち腐れに
しないため、ギグス監督は何をすべき?

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 さらに、「ベイルの特性を活かせていない」「守備があまりにもお粗末」「ベストの人選を見出せていない」(いずれもデイリー・テレグラフ)と、ここにきてウェールズ人の戦術に懐疑的な意見が目立ち始めた。

 ベイルとともに中核を担うMFアーロン・ラムジー(ユベントス)にケガが多く、ユーロ予選で1試合も出場できていないなど、強化していくうえでギグス監督を擁護できる点はある。若手を積極的に起用していることも評価に値する。だが、戦術の幅や守備組織の構築など、明らかに物足りない点も見える。

 期待値の高い若手が多く、これからさらに伸びるポテンシャルは秘めている。その一方で、これまで監督経験のなかったギグスの成長も、ウェールズが躍進するうえでカギを握ってくるのは間違いない。

関連記事