2019.08.20

長谷部誠も太鼓判。ブンデス復帰の
鎌田大地は「このチームでやれる」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 ただし、3トップの左に入った開幕戦のプレーは、本人としては納得とまではいかなかったようだ。

「いいシーンも何度か作れましたけど、まだ自分がやりたいようにはできてないと思うし、このチームの前(FW)の選手で試合に出るためには、もっとできないとダメだと思う。初戦ということでブンデスの強度を久しぶりに感じましたし、まだ(体の)当たり方など、もっと工夫しないといけない部分がたくさんあるなと思いました」

 試合は開始直後の得点でフランクフルトが先制するが、その後は暑さと連戦の疲れからかホッフェンハイムに主導権を握られた。

「今日は珍しく湿度も結構あって、暑いなと感じましたけど、日本の夏に比べれば全然涼しいと思う。暑さはお互い一緒ですが、今日はゲームの質という部分では高くなかったと感じました。ただ、こういう試合を勝ち切って、開幕戦に勝てたのは非常に大きかったと思います」(長谷部)  

 チームのリーダー的存在である長谷部は、鎌田の成長について次のように話している。

「彼は今、ある程度自信を持ってやっています。それがいい形で周りにも評価されて、これからゴールを取る、アシストするという結果がついてくれば、もっとよくなっていくと思うし、非常にいい成長の階段を登っているんじゃないかなと思います」

 FWや攻撃的MFとしてフランクフルトで定着するためには、たしかに結果が必要だ。その点、ヨーロッパリーグやドイツ杯もあって試合数が多いことは、鎌田にとってプラスに働くはずだ。

関連記事