2019.08.16

日本人激減のブンデスリーガ。
大迫、長谷部はなぜ通用しているのか

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by AFLO

 一方の長谷部には、中盤から最終ラインまでプレーできるユーティリティ性と、高い戦況把握能力、そしてキャプテンシーがある。体力的な問題なのか、若い頃に比べて、確かにチャレンジするような攻撃参加は減った。それでも今や、チームにとって欠かせない存在になっている。代表引退後に海外のクラブで主力を張る日本人がいること自体、隔世の感がある。

 2人は、先発11人のなかに何とか滑り込もうという立場ではない。チームの中心として仲間を牽引すべき存在でもある。試合中にブンデス公式サイトなどが発表する対人プレーや走りに関するデータを見ても、彼らは必ず各項目の上位に顔を出す。名実ともにブンデスを代表する選手なのである。
 
 大迫と長谷部は間違いなく今季も活躍する。彼らの活躍を楽しみにしながら、やはり新たな若手の出現に期待していきたい。

関連記事