2019.08.13

肉体改造に成功の武藤嘉紀が、
プレミア2年目に自信。「点が獲れる」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 英国人らしく、ブルース監督はアグレッシブなプレースタイルを好む。アーセナル戦でも、慎重派で知られるベニテス前監督時代に比べると、球際での激しさは増し、プレー強度も上がった。さらに、プレースピードとパススピードも増した。

 そのブルース監督について武藤は、「とくに『戦略、戦略』という感じの監督ではないけど、ハードワークを求める。前から守備ができる人、かつ走れる人。そして、裏に抜け出せる選手が好まれている」とし、「自分に合っていると思う」と印象を語った。

 昨シーズンの武藤は、「自身のケガ」「アジアカップへの参加でチーム離脱」「守備的なプレースタイルへの変更」で、不完全燃焼の1年を過ごした。ゴール数もわずか1。それだけに、今シーズンにかける思いはひときわ強い。

「とにかく試合に出続けて、点を獲る。何点というより、本当に1試合1試合に集中して、点を獲りたい」

 迷走するニューカッスルの中でゴールを奪っていけば、チームの救世主にもなる。「今シーズンは(ゴールが)獲れる気がしている。結果がついてくれば、自信にもなる」。自分自身に言い聞かせるように、武藤はそう力強く言い切った。

関連記事