2019.07.06

VARだけじゃない。コパ・アメリカを
騒がす予言。占い師まで登場

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳translation by Tonegawa Akiko

 ペルーには「プローモ(鉛)」という名前の占い師がいて、2015年からペルー代表に帯同している。とくにクエバとはとても仲が良く、コパ・アメリカの試合中、彼の背番号と同じ8のカードを身に着けているように指示したという。44年ぶりに決勝までたどり着いたペルーでは、この占い師が一躍、時の人となっている。

ブラジルはペルーの20倍

 よく言われるように、選手の評価は金額に大きく表れる。決勝を戦うブラジルとペルー。この両チームの上位11人のパス(移籍金)の値段を合計すると、ブラジルはペルーの20倍以上となる。決勝で戦うと予想されるブラジル選手の合計は約6億ユーロ(約720億円)。一方のチリは約3100万ユーロ(約37億円)にすぎない。

 もちろん、ブラジルに不在のネイマールの分は入っていない。それでも、フィリペ・コウチーニョひとりだけで、ペルーの11人の合計の2倍以上となってしまうのだ。だからといって、高給取りが必ず勝つわけではないのがサッカーの面白いところではあるが……。




関連記事