2019.06.20

新星がレアルへ続々入団。ブラジルから見た
久保建英のシビアな現実

  • 沢田啓明●文 text by Sawada Hiroaki
  • 渡辺航滋●写真 photo by Watanabe Koji

 バルセロナの下部組織にいた久保本人は、こういった事情を熟知しているはずだ。そのうえで、レアル・マドリードという巨大クラブを選んだ。世界最高のクラブに入団したということは、世界で最も険しい道を選択したことを意味するのかもしれない。

 日本のメディアやファンは、久保がレアル・マドリードの一員になったというだけでお祭り騒ぎをするのではなく、彼が置かれている状況の厳しさをよく理解し、今後の成長を見守る必要があるのではないか。



関連記事