2019.06.14

久保建英は新世界を切り拓く。
「レアル移籍内定」の裏側を読み解く

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Sano Miki

 もっとも、久保は劇的な進化を示している。スペインに渡っても、決して怯むことはないだろう。リオネル・メッシがそうだが、久保もピッチ上で呼吸が荒くなることがない。出し手、受け手との距離や角度が最適かつ自然で、動きに無駄がないのだろう。だからこそ、初めてプレーする日本代表でも、水が流れるようにパスが入ってきた。環境に適応しながら、成長できる選手だ。

「クレ」と言われるバルサファンから、すべての憎しみをぶつけられるようになった時――。久保は、世界サッカーの英雄になっているだろう。憎しまれる分だけ、深く愛されるはずだ。

「FC東京は久保のレアル・マドリード移籍についてのコメントを避けた」

 一方でバルセロナ系のスポーツ紙、『EL MUNDO DEPORTIVO』(エル・ムンド・デポルティーボ)はそう報じ、まだサインがされていない点を強調している。

 クラブとして公式に契約を発表した瞬間、「レアル・マドリード久保」が誕生する。

関連記事