2019.05.20

長谷部誠、充実の今季を振り返る。
「二兎を追ったことに意味がある」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 2018-19シーズン、欧州でプレーする日本人選手のなかで最も活躍したのは長谷部。そう言い切っても異論はないはずだ。

 この日の試合は、アリエン・ロッベン、フランク・リベリー、ラフィーニャの3人にとって、バイエルンでの最終戦でもあった。リベリーとロッベンは、大歓声に送り出されるように後半途中から出場し、1点ずつゴールを決めた。優勝に歓喜し、ロッベンはコバチ監督の真後ろからビールをかけるいたずらをし、リベリーはテレビのインタビューを受けながら涙を流していた。王者バイエルンを支えてきた2人とチームとの、華やかな時間だった。 

 まだ先になるだろうが、長谷部はフランクフルトでどんな風に送られるのだろうか。そんなことにも思いを馳せる光景だった。

関連記事