2019.02.13

ジーコもショック大…。フラメンゴの
ユース施設を襲った大惨事

  • 沢田啓明●文 text by Sawada Hiroaki photo by Getty Images

 この国の大多数の男の子の夢は、プロのフットボール選手になること。そのためには13歳前後でビッグクラブの下部組織に入ることが近道で、名門中の名門、フラメンゴのU-15やU-17に在籍することは、それだけでひとつのステータスだ。

 彼らの誰もが近い将来にプロ契約を結び、トップチームの試合に出場して活躍し、いずれは欧州でのプレーやブラジル代表入りを夢見ていたに違いない。その夢を実現するため、10代前半で親元を離れ、時にはホームシックに襲われて涙を流しながら、それでも歯を食いしばって練習に励んでいたはずだ。その夢が、突然、思いもしなかった事故によって絶たれてしまったのだ。

 今回の事故は、シャペコエンセの悲劇とはまた違った意味で、ブラジルのフットボール界に大きな衝撃を与えた。今後、事故の詳しい原因や背景が究明されるはずだが、犠牲者の冥福と負傷した3人の回復、そしてもう二度とこのような痛ましい事故が繰り返されないことを祈りたい。

関連記事