2018.12.21

警戒感は杞憂に。レアル対鹿島戦は
スペインでどう報じられていたか

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by MEXSPORT/AFLO

 試合後にASが下した個人評価は、鹿島については土居が3点満点中2点の最高評価で、評価なしの低評価が4人。一方のレアル・マドリードについては、ベイルが3点満点を獲得したのを始め、7人に2点という高評価が与えられた。

 欧州のチームがアジアのチームに勝つという、いつものクラブW杯のニュースで終わる試合になってしまった。


関連記事