2018.10.30

クラシコ大敗→監督解任。ロナウドが
抜けたレアルに何が起きているのか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

 リオネル・メッシがケガで不在だったバルサには、スアレスという世界的ストライカーがいたということだろう。

「このような形でクラシコを勝利することは、(今後に向け)大きなメリットになる」(バルベルデ監督)

 一方、もうロペテギにレアル・マドリードでの未来はないだろう。宿敵に5-1の大敗は重く、最後通牒を覆すことができなかった。「ロシアW杯直前にスペイン代表を捨てた不誠実のツケ」と言われ、「王者レアル・マドリードを率いるだけの度量がなかっただけ」とも言われる。

 後任にはユベントス、イタリア代表、チェルシーなどを率いたアントニオ・コンテが噂されている。しかし、それで劇的に状況は改善するのだろうか。

「息子は50得点を奪われたのだ!」とは、ロペテギの父親の悲痛な叫びである。

関連記事