2018.10.30

クラシコ大敗→監督解任。ロナウドが
抜けたレアルに何が起きているのか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

 戦術家として名高いロペテギの面目躍如だった。バスケス、マルセロが両翼になって、バルサを苦しめる。その采配は、前任のジネディーヌ・ジダンをも上回っていた。ルカ・モドリッチのポストを叩いたシュートが決まっていれば、バスケスのクロスをカリム・ベンゼマが仕留めていれば......結果は変わったかもしれない。

「前半も、そこまで決定機は作られていない。後半は、試合をひっくり返せるだけのチャンスは作っていた」(ロペテギ監督)

 しかし、策を打つことはできたが、ゴールを確実に決めるストライカーはいなかった。ベンゼマは前線のプレーメーカーとしては役割を果たすが、決定力に欠け、ガレス・ベイルは沈黙。イスコはスキルの高さこそ見せたものの、いたずらにボールをこね回し、効率的ではなかった。チームに数々の栄光をもたらしてきたゴールゲッター、ロナウドはもういないのだ。

 60分を過ぎると、レアル・マドリードは押し返される。ゴールを決めきれずに受け身に回ると、5-4-1のような形になって、お尻が重く、反撃に転じることができない。そこで無理して前に出ると、ことごとく裏を取られた。

 そして75分からは、バルサのゴールショーになった。セルジ・ロベルトのパスをスアレスが力強く首を振って、ネットに叩き込む。これで3-1。その後、またもセルジ・ロベルトのパスをスアレスが引き出し、GKティボー・クルトワとの1対1を技巧的なキックで制し、ハットトリック。終了間際には、交代出場したウスマン・デンベレのクロスを、同じく途中出場のアルトゥーロ・ビダルが豪快に押し込んだ。