2018.10.22

日本代表の若手の勢いを見た
原口元気は「自分の強み」を考えた

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 いやな流れもあったが、ハノーファーでようやくスタートラインに立った原口は、今回の代表招集で、新たな空気をひしひしと感じていた。日本滞在中の原口は次のように語っている。

「新しいスタートという感じはしました。メンバー的にも監督もそうだし、チームの雰囲気も、若い選手から『やってやるんだ』という気持ちを感じる。今までいた選手も、また新しいスタートという意味でパワーを感じていたので、チームとしては今、すごくポジティブなパワーを感じています」

 これまで、どちらかといえば先輩を追いかける立場だった原口には、若手から感じるものは格別だったようだ。

「もちろんどのタイミングで加わっても、代表というのは毎回、すごく刺激になる場所だし、感じるものはあるんだけど、とくに今回は新しい選手が多くて。すごいですからね、"前に、前に"と行く感じが。少し忘れている部分を思い出させてくれるようなところがあった。彼らを見ていると、すごくチャレンジしている。もう一回、自分も最初からトライしていきたいという気持ちはあります」

「代表に呼ばれ始めたころを思い出すのでは?」と聞いてみた。

「別に今のプレーが悪いということではないんですけど、やはりゴールへ向かう勢いや気持ちというのは、もっとがむしゃらに出してもいいのかな、と思う。でも、それだけが僕じゃない。いろいろなことを経験して、いろいろなことができるようになっているのが強みなので、バランスよくプレーしたいと思います」