2018.10.01

ジラルディーノ現役引退。アテネ五輪で
日本を粉砕した並外れた冷静さ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by AFLO

 元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(36歳)が現役を引退する。

 ジラルディーノは世界有数のゴールゲッターだった。パルマ、ミラン、フィオレンティーナ、ジェノアなど、セリエAの有力クラブで活躍。セリエA通算188得点は歴代9位で、アレッサンドロ・デルピエロ、ジュゼッペ・シニョーリと並ぶ。GKの鼻先で合わせるシュート感覚は格別で、浮いたボールの軌道をいち早くつかみ、ヘディングやボレーで叩くのを得意とした。

 ジラルディーノはイタリア代表としても一時代を築いている。2006年ドイツW杯ではアメリカ戦でゴールを決めるなど、イタリアの世界制覇に大きく貢献。2010年南アフリカW杯のメンバーにも選ばれている。2013年コンフェデレーションズカップでは、マリオ・バロテッリとエースの座を争った。

 また、2004年アテネ五輪にはイタリアU―23代表として出場。グループリーグ第2戦で日本と対戦し、2ゴールを挙げて日本の決勝トーナメント進出の夢を打ち砕いている。

アテネ五輪の日本戦で今野泰幸と競り合うアルベルト・ジラルディーノ 2015-16シーズンには30代半ばだったにもかかわらず、パレルモのエースとして2桁得点を記録。しかし昨シーズンはセリエBスペツィアでのプレーを余儀なくされ、今シーズンは無所属の状態だった。セリエCのクラブからはオファーがあったようだが、スパイクを脱ぐ決断を下した。

 ジラルディーノとは、どんな点取り屋だったのだろうか?

「アルベルトは、あまり感情を表に出さない子でした」
 
 イタリア・ピエモンテ州の町ビエッラにジラルディーノの生家を訪ねたとき、父であるジャンカルロ・ジラルディーノは、抑揚を抑えた口調で語っていた。