2018.09.26

大迫勇也は監督からの信頼度抜群。
病み上がりでも「出場時間延長」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 一方で、2トップのトップ下に入るということは、ゴールから、位置的にもプレーの選択肢的にも遠ざかることを意味する。ポストプレーには手応えを感じているからこそ、得点そのものが今後の大迫の課題となる。テレビ番組などでは「今季の目標は2桁得点」と話している。

「さすがに前に2人いたので、後ろの枚数が少なくて、なかなか前にいくことができなかったです。そこはこれからですね。次の試合は違うフォーメーションになると思うし、そうなるとまた(ゴール前に)入る回数も増えると思うので、しっかり取り組みたいと思います」

 大迫は新天地で、指揮官やチームメイトから着実に信頼を獲得した。今季の序盤戦、ブンデスの日本人選手のなかでは抜きん出た活躍を見せている。

関連記事