2018.09.21

まだ現役でいけるレジェンド。38歳ジェラード監督が欧州デビュー

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by Getty Imeges

 また、この試合に途中出場し、2点目のゴールの起点となった18歳のMFグレン・ミドルトンをはじめ、レンジャーズには若い選手が数多い。"ジェラード・イズム"を注入されていく彼らの成長も楽しみだ。

 試合後には、自らピッチ内に足を運び、自チームの選手を出迎え、サポーターの声援にも応えたばかりでなく、ビジャレアルの選手たちとも一人ひとり握手を交わした。

 バッカやサンティ・カソルラがひと言ふた言、親しげに言葉を交わす一方で、なかには、入念に手の汗をユニフォームで拭ってから、差し出された右手を握る選手がいたのは微笑ましかった。

 記者会見に現れ、目の前で見たジェラードは、顔も体形も現役時代からほとんど変わっていなかった。そんな彼がすでに監督としてELを戦っていることに不思議な感覚もあったが、とにもかくにも38歳の新米監督は、自身のキャリアに新たな1ページを記したのである。

関連記事