2018.08.18

バルサは変貌し、レアルはFW探し。
スペイン2強今季の補強は?

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Getty Images

 チームには将来性豊かなブラジルの新星、ビニシウスが加入したものの、まだ18歳。ロナウドの代役を担わせるだけのタフさは身につけていない。

 実はこの夏、CL3連覇を達成したレアル・マドリードには瓦解する可能性もあった。各選手にあちこちから誘惑の手が伸びたが、なんとか阻止したというのが実情だ。

 世界1の評価をしてほしいと望み、最高額年俸を要求したロナウドこそ止められなかったが、噂に上がったガレス・ベイルのプレミアリーグ復帰や、ルカ・モドリッチへのインテルの熱烈なラブコールは実現していない。ロナウドのラブコールを受けたマルセロのユベントス移籍も成立しなかった。

 驚異となったイタリアの移籍市場は、この金曜日に閉じた。そして、フロレンティーノ・ペレス会長が大物選手を獲得するのはたいてい移籍市場閉幕の直前だ。

 残り2週間で、レアル・マドリードを2年ぶりのリーガ優勝、CL4連覇へと導く、ロナウドの後釜となる選手が見つけられるかどうか。レアル・マドリードファンだけでなく、サッカーファンなら気になるところだ。


関連記事